2010年09月30日

Take me back


「Take me back」
作詞/423スレ120 作曲/メソポタミア★神秘

いつからだろう 僕らの世界が
こんなにも 狭くなったのは
窓から見える 景色さえ
霞んで 消えていくようだ

見えない筈の残像に手を伸ばし
空気に溶けた右腕

Take me back Take me back
夕日に照らされ 消えてゆく体
何処に 預ければいい?

どうしようもない この現実を
過去のせいに してしまう時は
心の奥底に 燻る
激しさが 世界を否定する

流れていく日々に取り残され
抜け殻だけが残るなら

Take me away Take me away
何のために この世界に
生まれたのか 分からなくなる oh
Take me back Take me back
夕日に照らされ 消えてゆく体
何処に 預ければいい?

oh Take me...


続きを読む
posted by emanon at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

boonの魔法


「boonの魔法」
作詞/jas39 作曲/ひろよん

呼ばれたみたいで 来たお
呼ばれてないけど 来たお
話だけなら 聞くお
聞くのは うまいお ホントだお

寂しい時の おまじない
( ^ω^)にすりすりしてみるお
ふわふわほわほわしてくるお
boonの魔法は 柔らかいお

我慢しなくても いいお
頑張りすぎちゃ 駄目お
子守歌なら 歌うお
眠るの 大事お ホントだお

疲れた時の おまじない
( ^ω^)をきゅぅっと抱くお
ぽかぽかほかほかしてくるお
boonの魔法は あったかいお


続きを読む
posted by emanon at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥の事情



「鳥の事情」
作詞/748スレ496 作曲/トドロキ

            / ̄ ̄ ヽ,
           /        ',         
        _ {0}  /¨`ヽ {0}
       /´    l   ヽ._.ノ   i     鳥はよぉ…視覚細胞のうちの桿体細胞が少ねぇんだよ
     /'     |.   `ー'′  |     だから暗いところでは何も見えないッ!
    ,゙  / )  ノ         '、    いわゆる「トリ目」ってやつ、だろうな。
     |/_/             ヽ   そんかわり錐体細胞が発達してるからよぉ〜…
    // 二二二7      __     ヽ  紫外線やリモコンの電波だって見れるんだぜ…?
   /'´r -―一ァ"i   '"´    .-‐  \  ちなみに朝俺たちがチュンチュン言ってるのは「ナワバリ」争いだ。
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ あそびでやってんじゃねぇ・・・
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }        「 命 が け だ ! 」
                         じゃ、行ってくるわ。ナワバリを、そして家族を守るためにな!


続きを読む
posted by emanon at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

D



「D」
作詞/カリバネム 作曲/空白

永遠が手に入るなら どうか 一瞬を生かせて
服従を求めるならば せめて 瞼を閉ざさせて

陽の当たる場所は選べない 夜のしもべ
闇を越えて行く 続いてゆく 私の愚かな心

あなたの匂い かたち 透けてしまう
この世界中 欲しいものが今も
うっすらと うっすらと 私を生かす
あなたと私を繋ぐ

邪悪にも慣れた身体は いつかつぼみを咲かせて
海よりも深いあなたの 青い瞳を揺るがせる

刻む時 忘れ始めても 消えないもの
星は美しく 輝いても あなたは私を見てる

あなたの指に 肩に 恋をしてる
悲しみのキス あなたに似たものを
掠れては 消えそうな 私の愛を
壊れた惑星(ホシ)に留める

あなたの匂い かたち 透けてしまう
この世界中 欲しいものが今も
うっすらと うっすらと 私を生かす
あなたと私を繋ぐ
うっすらと うっすらと 私を生かす
あなたと私を繋ぐ



続きを読む
posted by emanon at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

名無し投下分まとめ(多分)その3

おさしみぶりです。更新めんどいしーとか思ってたら微妙に歌ったのが溜まってました。
何だろ、時間はなくなないのに趣味に気を回せるゆとり的なものが最近圧倒的に足りてない。これは俺がゆとり世代じゃないからですか?


「悉皆シスターズ」
作詞/よーし 作曲/長野


「8月」(歌い直し)
作詞/にゅる 作曲/oneofvipper


「天国へのエスカレータ」(歌い直し)
作詞/おちんこまんこ 作曲/餡の雲


「夏のクオリア(-2)」
作詞/731スレ266 作曲/732スレ448


「東京恋図」
作詞/つまだ 作曲/Gno4166


「紅の舞うころ」
作詞/無楽 作曲/quicksilver




続きを読む
posted by emanon at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

夏のアルマ(アレンジver)



「夏のアルマ」
作詞/カリバネム 作曲/('A`)モヲトコ 編曲/quicksilver

浮かない顔で待ち伏せた 左胸のネジを巻いて
ただ 触れただけで崩れた 角砂糖とレモンのダンス

節の無い歌に 着せた足踏みが 君の手を取って 踊りだした朝

飲み干されて行く 可愛い渦巻き
何処にでもいそうな 男になるよ
風がちらつかせた さすらいのエナジー
探したのは地平線 夏のアルマ Uh…

空の真下まで 船を浮かばせて 残酷な風 溺れたブルー

聞こえない筈ないよ 可愛い渦巻き
喉が焼けないように 舐めた塩水
風がちらつかせた さすらいのエナジー
神様になつかれた 夏のアルマ Uh…

飲み干されてゆけ 可愛い渦巻き
何処にでもいそうな 男になるよ
風がちらつかせた さすらいのエナジー
探したのは地平線 夏のアルマ

空の真下まで船を浮かばせて
残酷な風 溺れたブルー



続きを読む
posted by emanon at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜桜



「夜桜」
作詞/一(にのまえ) 作曲/ぬかま

桜にのせた思い届け 春の夜に

まだ風が少し冷たいねと 君は笑って
少し酔った僕は煙草に火を付けた
夜見る桜はとても妖艶で 僕は薄っすらと夢を見た

ずっと君と居られればいいのに
ずっとずっと一緒だったらいいのに
来年もその次の年も君と
この桜見れたらどんなに幸せか

夜桜 仄かに輝いて
夜桜 艶かしく花散らし
僕らは ずっと見とれていた

過ぎ去り時間に 心は揺らぎ
年月重ね変わりゆく
いつまでも同じモノなんて・・・ないのに
不思議と 今は時間が止まっていた

夜桜 仄かに輝いて
夜桜 艶かしく花散らし
僕らは ずっと見とれていた

君とずっとめぐる季節追いかけたい
君とずっと同じ時を刻みたい
夜桜・・・


続きを読む
posted by emanon at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

レイクタウン



「レイクタウン」
作詞/楽作スレ328 作曲/メソポタミア★神秘

風に迷って 立ち尽くしてた 雨に打たれて 下を向いてた
弱いままでも それが僕だと 諦めていた 君に逢うまで

いつも最短距離で 先を急いでたけど
君と歩きたいから 少し寄り道をする

*ここで笑って 歩いて 二人で 手をつないだら
映る水辺に 夕焼け 二人の 部屋に帰ろう

まっさら新しいこの街で 暮らしていこう*


荷物抱えて 急いでた日々 地を這いながら 汗をかく日々
顔を上げたら 空が見えたよ 街が見えたよ 君が見えたよ

違う歩幅で歩く ちょっとぎこちないけど
君がいてくれるから 笑顔のままいられる

たまにぶつかり 戸惑い ケンカも するだろうけど
そよぐ水辺に 月影 二人を 見ていてくれる

ゆったり回ってる星空を 眺めていこう

ムズカシイコト
サキマワリシテ
シッタカブラズ
ノンビリイコウ

(*repeat)



続きを読む
posted by emanon at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Its known or unknown?



「Its known or unknown?」 
詞・曲/COOL METABOLIC

絶望を引き起こした 「しらない」と「しってる」
二人、真っ赤に染め上げた「しらない」と「しってる」

いつか違った世界で 出会おう「きみ」と「ぼく」
そして、愛し合おうよ、再び どんな「かたち」でも

誰も知らない場所 今では「しってる」
差し伸べられた手の平の・・・そう 確かなぬくもり

ラララ・・・



続きを読む
posted by emanon at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心空に重ねて



「心空に重ねて」
作詞/つまだ 作曲/Gno4166

A)落ちた羽の音など
聞こえるわけじゃないが
思い一人歩きで
心痛みだすんだ

B)星くず一つ
生まれ始まり
空に流れて
僕は 願う 空に 唄う

光る 星の 川に 手を伸ばす

S)君と 二人 描いた果てに
未来 キラリ 星に願うよ
回る 世界 僕らを乗せて
老いた 夢は 傷を癒やして
君と 二人 描いた 空を
どうか けして 忘れぬように


続きを読む
posted by emanon at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。