2015年06月24日

(リテイク)とばり/傘の無い街角

「とばり」
作詞 / カリバネム 作曲 / まらいあ


「傘の無い街角」
作詞 / 279 作曲 / 非常事態スレ498




続きを読む
posted by emanon at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトルなし

「タイトルなし」(Key+2)
作詞 / Kg  作曲 / 規制用10スレ292


夕日が落ちて寂しくてもう一度君に会いたくて
時速1400kmの君と追いかけっこ

夜を飛び越え街を越えもう一度君に会いたくて
時速60kmの僕は一人密かに笑ってる

安っぽいプラスチックをくわえたまま
もう一度もう一度ただもうそれだけ
無駄に輝いた青春の誰か知るわけでもなく
意味のない夜が進む

DJ俺の選曲はほらどんな選曲よりも最強
蘇る色すら懐かしいね
もう一度だけだって言ったってどうにもならないもんだね
今はただ君に会いたいだけ


続きを読む
posted by emanon at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい町へ

「新しい町へ」
作詞 / 101スレ190 作曲 / いい乳FK


ラジオから流れてきた 陽気なハッピーソング
君はくちぶえを風にのせて 生まれ育った街を振り向いたんだ

アクセルを踏み込んだぼくに 君は笑いながらいう
「海沿いの町で暮らそうよ」と

壊れかけたジープ 本当はもっと走りたいんだろう
どこまでも続く砂漠の向こうには、名前もしらない町が

大きくふくらんだ古い鞄に 君は笑いながらいう
「ふたりの未来を詰め込んだんだ」と

ラジオから流れてきた 切なげなラブソング
君はくちぶえを風にのせて それから二度と振り返らなかったんだ

新しい町に、君好みのおいしいパン屋はあるんだろうか
たばこを吹かしているぼくは 君のくちぶえに耳をすましてみるんだ

ラジオから流れてきた 優しいカントリー・ミュージック
君はくちぶえを風にのせて 新しい町のことを思い描いてたんだろう


続きを読む
posted by emanon at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放課後ベンチ

「放課後ベンチ」
作詞 / 117スレ147  作曲 / oneofvipper


夕暮れ 間近に あなたを探す
放課後ベンチ 一人ポツリと
見つけた 背中に 恋した日から
広く大きく 遠く感じた

目立たなくて地味で 少し暗くて
釣り合いきれないね なんて笑っては
呟く私は ただのマネージャー

影が伸び消えてゆく
少し悲しくなるよ
なんか都合悪くて リセットされた気分
あなたの匂いがして
少し切なくなるよ
恋が一番近く 遠く感じるんだよ


続きを読む
posted by emanon at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバサ

「ツバサ」(key-4)
作詞・作曲 / トドロキ


たくさんの優しさに触れて
育ってゆく気持ちが溢れる
あの日に 感じたものは
たしかに両手に抱えてる

太陽がまぶしすぎるから
遠くにいる君がぼやけた
思い出だけ 数えたら
僅かに涙だけ残った

追いつけるかな?
横顔を ふいに眺めたら
輝きだした わたしの翼

追い越してく雲の彼方に
光を感じていたいの
きっと二人 重ねた時間は
同じくらいに眩しいから

風切って 夜を越えて
あなたへと羽ばたいてゆくわ
ずっと側にいるよ 温かな
日差しと わたしの心と


続きを読む
posted by emanon at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

(リテイク)  ごーれむ / ピストル

*ごーれむ(リテイク)
作詞/174スレ319 作曲/ひろよん


*ピストル(リテイク)
作詞/カリバネム 作曲/Gno4166



続きを読む
posted by emanon at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背中合わせ

*背中合わせ
作詞/あくし 作曲/餡の雲


手を繋いで 輪になって
鬼を囲んで手を離す
後ろは誰? 追い掛けて
最初に捕まる子はだァれ?

縮まって また伸びて
転がって また落ちて
捕まって また朽ちて
後ろの正面だァれ?

騙されないで 口元の
歪んだ笑いに甘い言葉に
捕まらないで 振り向いた
狐のお面の白装束に
みィツケタ…


続きを読む
posted by emanon at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

名無し投下分えーっと・・・5!?

「グランドピアノ」
作詞/にんぢん 作曲/メソポタミア★神秘

「年々彩々」
作詞/無楽 作曲/餡の雲

「砂月」
作詞/規制用7スレ585 作曲/いんくとらんす



続きを読む
posted by emanon at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

オレンジの空

「オレンジの空」
作詞・作曲・編曲/oov


弱った魔物みたいに 闇で息を潜める

ヒトには厭われるのに 誰も僕を知らない

僕は従順な カナリアじゃない
狭いこの世界に サヨナラを

オレンジの空 広がっているんだ
ちっぽけな僕たちは 逃げ場求めて

全て忘れて 跡形もなくして
消えてしまえるように 優しいささやきで

導いて



続きを読む
posted by emanon at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

「恋」
作詞/つまだ 作曲/よーし


いつかの景色は変わらずか
あなたは今どうしているか
夕暮れ間近の坂道を
駆け上がりながら思う

息を切らして辿り着けど
金網越しの眺めならば
あなたを遠くに感じてか
切なく揺れた陽炎

大切に しまい込んでる
桜の花びらは
夏の空 茜色へと
ひらと吸い込まれて

この声よ この声よ
今喉を嗄らす恋よ
いつかへと いつかへと
あなたのいた時間へと 届け


続きを読む
posted by emanon at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋下手(リテイク)

「恋下手」
作詞/199スレ275 作曲/よーし
アレンジ/メソポタミア★神秘★


黒いブーケ渡したのは
貴方をもう追いかけないため
夢の中で彷徨ってた
自分の心に釘を打つの

紅いフード被ったのは
貴方をもう見つめないため
その瞳の中にいれば
自制が効かなくなるから

冷たい唇に 熱い舌を重ねないで
これ以上 もう私の 中に入ってこないでよ

白いシーツ破いたのは
貴方にもう抱かれないため
朝一人で迎えるのも
そんなに悪くない
そんなに辛くない


続きを読む
posted by emanon at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

勿忘草(リテイク)

*「勿忘草」(リテイク)
作詞/尽 作曲/ひろよん


あなたの好きな青い花 空を映して風に揺れ
あなたの声のせ 風渡る
腕いっぱいの青空と あの空通じているのかな
耳を澄まして 風にきく

大きな掌 笑い声 ときに叱られ 諭されて
大きな背中を 追いかけて いずれ追いつき 追い抜くと

時の止まった腕時計 主無くした万年筆
僕がもつには 重すぎて 時々空を見上げます
腕いっぱいの青空は あなたの空より小さくて
不甲斐ないなと 自嘲して 時々空を見上げます

あなたの好きな青い花 海を映して波に揺れ
あなたの声のせ 波渡る
腕いっぱいの海原と あの海通じているのかな
耳を澄まして 波にきく

大きな掌 笑い声 ときに示され 導かれ
大きな背中と 肩並べ いずれ杯 酌み交わす

月の砂漠の歌声は 今でも耳に残るけど
僕は歌うの 辛すぎて 時々海を眺めます
腕いっぱいの海原は あなたの海より小さくて
不甲斐ないなと 独り言ち 時々海を眺めます


続きを読む
posted by emanon at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺とこのスレ

*「俺とこのスレ」
作詞/266スレ>>275 作曲/たぬき


夜 寝る前に保守をして
次の日起きたらスレがない

作曲しようと思って
はやくも一ヶ月すぎたけど
いっこうに終わる気配無し
俺の受験はオワタけど(悪い意味で。

作曲飽きて保守して
暇だから歌詞を かいたけど
全部華麗にスルーされ
また作曲に取り掛かる

学校楽しくなくたって(学生
職場楽しくなくたって(社会人
現実楽しくなくたって(にーと
俺はずっとここ(vip)にいる

学校いってなくても(不登校
会社いってなくても(にーと
嫁がディスプレイ内でも(ry
俺らはずっとここ(vip)にいる

続きを読む
posted by emanon at 15:07| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

大きな手で

「大きな手で」
作詞/遠山ちえる 作曲/486スレ31
アレンジ/餡の雲

節張った指に 固い甲
ささくれ立つ あなたの手
手を合わせると 関節ひとつ
あたしを包む 大きな手

手と手絡めて 冷たくなった手を
何度も何度もさすった

その大きな手で 撫でて これから ずっと
瞬間 融けてしまいそう
その大きな手で 触れて 包んで もっと
どんどん 熱くなっていく

たとえ ふたり 離れてても
優しい手を思い出せる


続きを読む
posted by emanon at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

ドロール

「ドロール」
作詞/にんぢん 作曲/oneofvipper


憎しみで人が殺せるのなら きっとこの星に残る人はいない
キリストだって人が殺した 間違いないだろ?そういうことさ

何がほしいか分からなくなって
いつしか心がカラカラになって
どうにかこうにかここまで生きて
最後は最後で 最後らしく

始めっから終わりのほうまで 縁がなくてお別れだって
人の心の裏通りはさ きっとゴミで溢れかえってる
身近な基本がそうなってるから

憎しみで人が殺せるのなら きっと僕から最初に消えてしまいそう
志だって僕が塞いだ 僕を殺すのは僕自身だろ?

続きを読む
posted by emanon at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天使のミナ

「天使のミナ」
作詞/カリバネム 作曲/柊うぃりー


地図に無い名前 張り紙の街は
忍び込むには遠すぎて

さよならの朝と サイコロの夜は
ゴルフボールの日々の途中

この世界中 探しても見つからない
西の海に連れていこう
君は天使 僕は夏の食べ残し
同じ風に撫でられていたい

かわりばんこ 歯を立てて奪い合う
愛の答えは二等賞

君のいた線路 夢の汽車が行く
背中を押した 白い羽

この世界中 探しても見つからない
西の海に連れていこう
君は天使 僕はハートのペン先
それは 宛てのないストーリー

この世界中 探しても見つからない
西の海に連れていこう
君は天使 僕は夏の食べ残し
同じ風に撫でられていたい

それは 宛てのないストーリー

続きを読む
posted by emanon at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

夏にハイパーウンコ出づらいエピソード



*夏にハイパーウンコ出づらいエピソード
作詞・作曲/onco

最近どうゆうリーズンか、
とりあえず朝にウンコが出づらいのよ。なんでーな。
まじめにネタとかじゃーなくて。
時間が無い時マジで困ってるのよ。いやマジで。

なんかいい方法あったら、メールください。
アドレスは、
オーエヌシーオーハイフン
エスイーアイジェーイアエヌ
アットマーク
ホットメール
ドットシーオージェーピー
に頼んだ。

ウンコの話は終了ー

色あせずに二人は
とても強く 嗚呼輝いて 夏を
いつもより遠く 見える空 切なくて
訳も無く この景色に 思いをのせる

この季節に感じる
空も海も 嗚呼美しく 夏が
淡く霞んでは 消える時 懐かしく
私の心は夏休み


続きを読む
posted by emanon at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名無し投下分まとめ きっとその4

*ラブホテル
作詞/220スレ505 作曲/駆け出し コピー/餡の雲


*花が咲いたよ。紫色の
作詞/ninjin 作曲/oneofvipper


*おすすめ商品があります。
コピペ/812スレ100 作曲/餡の雲
CV/うたうか



*かくれんぼ
作詞・メロディ/空白 作曲/いんくとらんす
女声パート/遠山ちえる




続きを読む
posted by emanon at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

かみさま



「かみさま」
作詞/にんぢん 作曲/ひろよん

神様なんて居ないってこと
ずっと前に分かったんだ
願いは叶わないし 届かない
誰にだって わかる事

太陽が昇る 誰彼の為に
そのなかにきっと 僕は居ない
地球を少しだけ回せたなら
夜をもっと 長くするだろう

居なくなったかみさま あぁ僕はここにいます
あまりにも醜悪で矮小な僕を どうか どうか その両手で

この世界がもし100人だったら
僕はきっと101番目
姿は見えないし 誰も見ない
誰かだって わかる事

居なくなったかみさま あぁ僕はここにいます
どれだけ無様で不要な僕を どうか どうか その両手で

太陽が沈む 黄昏の中に
そのなかにきっと 僕は要らない
地球を少しだけ回せたなら
夜をもっと 早く来させるよ

居なくなったかみさま あぁ僕はここにいます
あまりに悲観的で非情な僕を どうか どうか その両手で



続きを読む
posted by emanon at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

亜鉛華軟膏


「亜鉛華軟膏」
作詞/279 作曲/にちわ アレンジ/餡の雲

君の広げた傷口 なぜ 気づかなかったのだろ
痛みを帯びた 悲しみに なぜ キスしなかったのだろ

会えるかな?今日 報われない思いだけど
会えるかな?って 期待のない期待をしていた

君が発した悪口 なぜ 追いかけようとせずに
憂いの中で 葛藤と なぜ 愛せなかったのだろ

亜鉛華軟膏 僕の痛いとこに塗るよ
亜鉛華軟膏 ひりひりと我慢をしていた

憎しみのない永久迷路 身体をも抑えて
食べかけてた新宿最中 蝕まれつづけた
嗚呼 嗚呼

君の見せてた涙目 なぜ 気づかなかったのだろ
心の闇と 悲しみに なぜ キスしなかったのだろ

亜鉛華軟膏 僕の痛いとこに塗るよ
亜鉛華軟膏 ひりひりと我慢をしていた

会えるかな?今日 報われない思いだけど
会えるかな?って 期待のない期待をしていた


続きを読む
posted by emanon at 02:29| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。