2010年06月07日

夏のアルマ(アレンジver)



「夏のアルマ」
作詞/カリバネム 作曲/('A`)モヲトコ 編曲/quicksilver

浮かない顔で待ち伏せた 左胸のネジを巻いて
ただ 触れただけで崩れた 角砂糖とレモンのダンス

節の無い歌に 着せた足踏みが 君の手を取って 踊りだした朝

飲み干されて行く 可愛い渦巻き
何処にでもいそうな 男になるよ
風がちらつかせた さすらいのエナジー
探したのは地平線 夏のアルマ Uh…

空の真下まで 船を浮かばせて 残酷な風 溺れたブルー

聞こえない筈ないよ 可愛い渦巻き
喉が焼けないように 舐めた塩水
風がちらつかせた さすらいのエナジー
神様になつかれた 夏のアルマ Uh…

飲み干されてゆけ 可愛い渦巻き
何処にでもいそうな 男になるよ
風がちらつかせた さすらいのエナジー
探したのは地平線 夏のアルマ

空の真下まで船を浮かばせて
残酷な風 溺れたブルー



続きを読む
posted by emanon at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜桜



「夜桜」
作詞/一(にのまえ) 作曲/ぬかま

桜にのせた思い届け 春の夜に

まだ風が少し冷たいねと 君は笑って
少し酔った僕は煙草に火を付けた
夜見る桜はとても妖艶で 僕は薄っすらと夢を見た

ずっと君と居られればいいのに
ずっとずっと一緒だったらいいのに
来年もその次の年も君と
この桜見れたらどんなに幸せか

夜桜 仄かに輝いて
夜桜 艶かしく花散らし
僕らは ずっと見とれていた

過ぎ去り時間に 心は揺らぎ
年月重ね変わりゆく
いつまでも同じモノなんて・・・ないのに
不思議と 今は時間が止まっていた

夜桜 仄かに輝いて
夜桜 艶かしく花散らし
僕らは ずっと見とれていた

君とずっとめぐる季節追いかけたい
君とずっと同じ時を刻みたい
夜桜・・・


続きを読む
posted by emanon at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。